家族葬を選ぶ具体的なメリットとは

変わっていく葬儀のやり方

eyecatch3
今、葬儀の形が大勢の人が参列する葬儀から、家族とごく親しい人だけで行う家族葬へと変わりつつあります。
これは、核家族化や高齢化といった人との付き合いが薄くなった現代社会ならではでしょう。
しかし、故人を送る家族としても、こうした葬儀の形は大きなメリットがあるのです。

家族葬であれば確実に負担を軽減できる

たとえば、一般の葬儀では、家族は来客への挨拶や段取りに神経を使わなければならず、故人を送る余裕がなくなってしまうことがあります。
その点、家族葬はそういったものが一切いらず、ゆっくりと故人との最後の時間をすごすことができるのです。
また、少人数で行うということもあって、かかる費用を抑えられるというメリットもあります。
家族や近親者だけですと、お料理や返礼品などの飲食接待費が必要ないので、こういったところもかなりの負担軽減になるでしょう。

遺族の意向を親族や友人関係にはきちんと伝えましょう

このようにメリットが多くありますが、反面デメリットも考えられます。
たとえば、故人との付き合いがあった方に知らせずにいた場合、葬儀の後に不満を伝えられることがあります。
また、親戚の中には、今までのような大掛かりな葬儀を行うことがけじめになるといった、クレームを付けてくるケースもあるのです。
これらを防ぐためにも、親戚や知人には事前に家族葬を行う理由を伝えておくのが良いでしょう。
以上は、葬儀を行う側のお話でしたが、次に参列する側についての対応もご紹介しておきましょう。

参列する側は通常の葬儀と同じように参加しましょう

参列する側においては、通常と大きく変わる部分はありません。
ですので、身内だけの葬儀でも香典はきちんと用意しましょう。
また、一般の葬儀のような業者のサポートがないことから、どうしても細かい配慮を受けることができません。
むしろ、家族の方々へのサポートを心がけるようにしましょう。