意外と知らない葬儀の種類について

お葬式について詳しく知っておこう

eyecatch1
誰でもいずれは経験するであろう葬儀ですが、実はその時が来るまでどんな種類があったり、どんな内容の儀式を行うのか知らない人が多いです。
しかし、その時が来る前に事前に知識をつけておけば、いざという時に困りません。
したがって、葬儀の種類と内容について紹介します。

儀式としての出棺

まず一つ目は、釘打ち・出棺です。
こちらは、一般的には葬儀式、告別式と言われますが、両者は全く別の儀式です。
前者は、故人の魂を天に送るための宗教的な儀式です。
一方、後者は友人・知人などが集まって、故人と最後のお別れをする儀式になります。
このように全く異なる儀式ですが、近年は両者を同時に行う場合が増えています。

主催団体による大規模葬儀

次に二つ目は、社葬・個人葬・団体葬です。
これらは儀式の内容は同じですが、主催者が異なります。
社葬は会社、個人葬は遺族、団体葬は会社以外の団体が主催者となって儀式を執り行います。
会社や団体の関係者が亡くなった時や、仕事中に殉職した場合などはこの方法が取られます。

家族による小規模葬儀

三つ目は、家族葬・密葬です。
まず家族葬は、親族や親しい友人のみで行う儀式です。
近年、地域住民との関係性が薄れていたり、独居の高齢者が増えていることから、家族葬を選ぶ人が増加しています。
この家族葬の後に、家族葬に参列しなかった人達が集まって弔いを行うのが密葬です。

もっとも簡潔な直葬

最後は、直葬です
直葬とは、上述したような儀式を一切行わず、火葬のみを親族などで執り行う方法です。
こちらも近年増加傾向にあり、高額な費用をかけられない人や身寄りがない人などに選ばれています。
このような種類に加えて、宗教の違いによって方式が変わります。
日本は、元来仏教方式が一般的ですが、キリスト教やその他の宗教のやり方に則って執り行われる場合もあります。