告別式を除いた家族葬という形について

家族葬は家族と友人のみが出席する場合がほとんど

大切な人が亡くなったときそのお別れをするための場所を用意したい、しかしそんなに盛大にはしたくないというときに、最近よく行われるようになってきたのが家族葬です。
これに決まった形や意味はありませんが、いうならば家族や近親者のみで故人との別れの時間をゆっくりと過ごす葬儀といえます。
最近では家族と家族と同じようなつきあいのある人が中心になって葬儀が行われています。
そんな中でだいたよく行われている形を見てみると、一般的には故人や遺族の世帯主から見て3親等から4親等ぐらいまでの親族で行われていることが多いです。
遠い親戚や近所の人たちや会社の関係者は参列しません。

家族葬儀ならではの自由なスタイルでお葬式が行われます

eyecatch4
家族葬儀のスタイルでも身内だけで告別式を行う方法と、僧侶や神主や神父などの宗教者に来てもらって葬儀を行う方法があります。
どちらを選ぶかは生前の故人の希望や世帯主の考えによって決められます。
僧侶や神主を呼ばない方法の告別式では、祭壇は飾らないで、写真は堅苦しいものではなくて生前の楽しそうな雰囲気が伝わってくるようなものを飾ります。
祭壇のかわりに故人の好きだった楽器や洋服、本や趣味のものなどを飾ります。

告別式を省いた葬儀が増えてきています

大都市である東京では告別式のみを行う人は3割で、この告別式を行わずに火葬と納骨のみを行う人が多いようです。
大都市圏に限らず他の地方都市でも家族葬や密葬が主流になってきつつあります。
それは人とのつきあいが希薄になってきたこと以外に、高齢化社会である日本では働く世代が減ってきており、その少ない人数の中で高齢者を支えて行かなくてはいけないため、経済的な負担が大きくなってきているという理由もあります。
費用も安く抑えられるので、このような経済的な面から選ばれる割合はこの先増えていくと考えられています。